美容

2016年12月02日

水素水と美容の効果

人間の細胞は酸化によって衰えます。

何回もお伝えしていますが酸化の原因は体内に活性酸素が増えすぎることで、
シワやシミなどの肌トラブルにもなり、美容面にも悪影響が出ます。

体内の酸化を防ぎ、肌トラブルを改善する効果が期待できるとして、水素水が注目されています。

体内の酸化は健康にも悪影響を及ぼすだけでなく美容の部分でもさまざまな影響が出ます。

身体の酸化の原因となる活性酸素を取り除く効果があると言われるのが水素水。

いったいどのように働いてくれるのでしょうか?


シミやシワの原因になる活性酸素

鉄が空気に触れて錆びていくように、人間の身体も「錆び」が生じます。

私たちが体内に取り入れている酸素は1日に500L以上で、そのうち約2%が、強い酸化作用を持つ「活性酸素」に変わると言われています。

活性酸素は体内に侵入したウイルスを殺菌する働きがあるのですが、この活性酸素が体内で増えすぎると、正常な細胞や遺伝子まで攻撃してしまうのです。

細胞の攻撃は肌トラブルや老化の大きな原因となり、この老化現象は“身体のサビ”と呼ばれています。

私たちの身体には、活性酸素の過剰な発生を抑える「抗酸化力」がもともと備わっています。
しかし、この抗酸化力は加齢によって弱まっていき、さらに日常生活のさまざまな要因が、活性酸素を過剰に発生させてしまい、結果、体内の活性酸素が増えてしまうのです。

活性酸素を過剰に発生させる要因として次のようなものがあります。


・タバコ

・ストレス

・慢性的な睡眠不足

・偏った食生活や過剰な飲酒

・紫外線

・大気汚染など


まずは、このようなダメージを減らす生活が良いと思います。(当たり前ですが、、、)

活性酸素の過剰発生を防ぐには、抗酸化作用がある物質を体内に取り入れることです。
抗酸化作用がある食材にはレンコン、トマト、ニンジンなどがあります。
しかし、食材だけで十分な効果を得るには、大量の野菜を摂取する必要があります。


そこで、より効果的に抗酸化作用があるものが水素です。

抗酸化作用を持つ水素が医学的にも臨床経験を経て安全性が認められています。
水素は水素水で手軽に摂取できます。では、具体的にどのような効果があるのでしょうか?

活性酸素の過剰発生は、血流を悪くし、毛穴を詰まらせ、老廃物を体内に蓄積させる原因にもなります。
水素によって血流が改善されることで、体内環境が正常になり、皮膚も活性化。皮膚細胞に水分や酸素、栄養分が隅々まで行き渡ることで、肌にハリとツヤが出てきます。

現時点では、美容と水素の関係性が科学的にきちんと証明されているわけではありません。
しかし、体感的には大きな効果が得られているのも事実です。現在、科学的に肌と水素の関係について研究が進められているそうです。












toranzamu0777 at 14:23|PermalinkComments(0)

2016年11月18日

水素水ってアトピー(アレルギー)にも効くの?

水素水ってアトピー(アレルギー)に効くのでしょうか?

水素水というと、「健康・美容食品の一種だ」というイメージがあるのですが、
しかし水素水に注目しているのは、アンチエイジング(加齢に伴う症状の予防と治癒。老化防止。抗加齢。抗老化)に関心のある人ばかりではありません。

水素水がアンチエイジングに効くといわれているのは、抗酸化作用があるためです。

水素は酸素と結びつきやい性質をもっているので、老化の原因物質である活性酸素を取り除くことができるわけです。


そんな活性酸素ですが、実はアトピーの症状を悪化させる作用もあることで知られています。

ですから、水素水を摂ることはアトピーの症状を緩和させることにも繋がるのです。

◎そもそもアトピーの原因とメカニズム

アトピーはアレルギーの一種です。人間の体にはもともと免疫機能があり、ウイルスや花粉やホコリといった異物から体を保護するようにできているのですが、その保護機能が必要以上に働いてしまうと、かゆみや乾燥肌といったアトピーの症状が出てしまいます。

つまり、アトピーは刺激に対して敏感すぎる体質なのだと言えます。

肌が乾燥したり、かゆみに耐えきれずかいてしまったりすると、皮膚の表面はボロボロになってしまいます。

すると、肌細胞が本来持っているはずのバリア機能が弱まります。そのためなおさら外部からの刺激に敏感になり、ますます症状が進行するという悪循環に陥るというメカニズムです。

◎水素水がアトピーに効く理由


アトピーによってかゆみや炎症が出るとき、その部位には活性酸素が多く発生することがわかっています。

活性酸素は本来、適量であれば悪い細胞を退治する重要な役割を持っているのですが、多すぎると健康な細胞まで攻撃してしまいます。これは、アトピーの症状が連鎖しやすい原因のひとつでもあります。


そこで、抗酸化作用をもつ水素水の出番です。水素の力で活性酸素を除去することができれば、それだけ症状が広がるのを防ぐことができるというわけです。


水素水だけではアトピーの原因そのものを取り除くことはできませんが、症状の悪化を未然に防ぐことは充分に可能です。アトピー特有のつらさを多少なりとも緩和したいなら、一度試してみる価値はあるでしょう。


















toranzamu0777 at 16:21|PermalinkComments(0)

2016年11月11日

水素水 濃度7.0ppm!


IMG_2715

こんな物をお試しで買ってみました。本当に水素濃度が7.0ppmあるのか???


普通の水素水の約6倍以上。


これを飲み続けると身体に変化が出るのか?


まずは、早速作り方を参照して作って見ました。

IMG_2716

袋の中身はこんなもの。白い細長い袋に発砲剤みたいな物が入っていました。

これを水で湿らせ、写真のような筒の中に入れます。

IMG_2729

これを水道水を入れたペットボトルに入れキャップを閉め、10~20分待つだけで

水素水の完成。

IMG_2717


IMG_2730

よ~く見ると細かい泡が炭酸水の用にできています。

IMG_2718


IMG_2731

キャップを開けると「プシュ!」と炭酸水みたいな音が、、、(なんか期待できそうな音。)

飲んでみると水道水みたいなカルキ(塩素)くさい感じは無くなった様な気がします。

でも、炭酸水みたいに飲むと刺激があるような感じはありません。(普通の水の用に飲めます。)

味は無し。色の変化も無し。


あまりキャップを開けたままにすると空気と結合し逃げてしまうので、全部飲み干しました。

1日だけでは何も変化が出るとは思いませんので、これから飲み続けて感想を述べて行きたいと思います。





















toranzamu0777 at 11:27|PermalinkComments(0)

2016年11月10日

水素水の種類

水素水の種類は様々あるが、

おもな製品としていくつかあげます。


1.アルミパウチ型

最も水素が抜けにくく、水素水の保存に適しているのは、アルミパウチです。

水素は酸素と結びつきやすいのですが、アルミパウチなら空気を抜いて密封できるため、水素濃度が保たれやすく、保存可能期間も長くできます。また、いったん開封した後も、空気を抜いて保存すると、水素が抜けてしまうのを防ぐことができます。
2dd734b0-9ec1-492d-8846-af1c40e60335

2.スティック型

スティック型とは、ペットボトルとかに水を入れ、水素水を生成させるスティックをペットボトルに入れ水素水を生成するものです。

水素スティックとは、主にマグネシウムの入ったスティックのことで、水とマグネシウムを反応させて水素を作ります。

水素スティックのメリットとしては、簡単に水素水を作ることができて、コストパフォーマンスが高いこと、コンパクトなので外出にも持って出られることです。デメリットとしては、器具によっては風味が変わる場合もあること、マグネシウムの過剰摂取に気を付ける必要があること、マグネシウムの影響で人によっては、下痢するおそれがあることなどです。

水素水スティック-e1438308769269
41N+X+DZxML__SY355_


3.ウォーターサーバー型

水素水を生成するウォーターサーバーも、携帯できる小型のものから卓上サイズまで、いろいろなタイプや大きさのものが販売されています。ウォーターサーバーは高額なため、最初のイニシャルコストの負担が大きくなるのがデメリットです。

その一方、短時間で生成できてランニングコストも安いため、家族みんなで水素水を飲みたい人や、たっぷり飲みたい人、長く飲み続けたい人には魅力的なのではないでしょうか?

s-l1600
ウォーターサーバー









































toranzamu0777 at 13:34|PermalinkComments(0)

水素水を利用する際に注意すること

水素水を利用する際に注意すべきこととして、

 

水素は分子がとても小さいため、ペットボトルに入れておくと、容器を通り抜けて、空中に拡散してしまうらしいです。

 

水素を逃さず閉じ込めておくには、水素の保存に適した容器を使い、できるだけ空気を抜いて密閉することが大切だそうです。

 

いったん開封した水素水は、時間が経つにつれてジワジワと水素が抜けていってしまいます。開封後はできるだけ早く、水素が抜けた「ただの水」になってしまわないうちに、飲んでしまうことも大切です。

 

水素水は沸騰させてはいけません。

 

沸騰すると、水素が全て抜けてしまいます。水素水はできるだけそのまま飲むようにして、料理に使ったり、お茶やコーヒーを淹れたりしないようにしましょう。寒い冬など、どうしても温めて飲みたい時には、アルミパウチの水素水を湯煎して温めると良いそうです。













































toranzamu0777 at 10:22|PermalinkComments(0)