水素生成器

2016年11月10日

水素水を利用する際に注意すること

水素水を利用する際に注意すべきこととして、

 

水素は分子がとても小さいため、ペットボトルに入れておくと、容器を通り抜けて、空中に拡散してしまうらしいです。

 

水素を逃さず閉じ込めておくには、水素の保存に適した容器を使い、できるだけ空気を抜いて密閉することが大切だそうです。

 

いったん開封した水素水は、時間が経つにつれてジワジワと水素が抜けていってしまいます。開封後はできるだけ早く、水素が抜けた「ただの水」になってしまわないうちに、飲んでしまうことも大切です。

 

水素水は沸騰させてはいけません。

 

沸騰すると、水素が全て抜けてしまいます。水素水はできるだけそのまま飲むようにして、料理に使ったり、お茶やコーヒーを淹れたりしないようにしましょう。寒い冬など、どうしても温めて飲みたい時には、アルミパウチの水素水を湯煎して温めると良いそうです。













































toranzamu0777 at 10:22|PermalinkComments(0)