水素水ステッック

2016年11月10日

水素水の種類

水素水の種類は様々あるが、

おもな製品としていくつかあげます。


1.アルミパウチ型

最も水素が抜けにくく、水素水の保存に適しているのは、アルミパウチです。

水素は酸素と結びつきやすいのですが、アルミパウチなら空気を抜いて密封できるため、水素濃度が保たれやすく、保存可能期間も長くできます。また、いったん開封した後も、空気を抜いて保存すると、水素が抜けてしまうのを防ぐことができます。
2dd734b0-9ec1-492d-8846-af1c40e60335

2.スティック型

スティック型とは、ペットボトルとかに水を入れ、水素水を生成させるスティックをペットボトルに入れ水素水を生成するものです。

水素スティックとは、主にマグネシウムの入ったスティックのことで、水とマグネシウムを反応させて水素を作ります。

水素スティックのメリットとしては、簡単に水素水を作ることができて、コストパフォーマンスが高いこと、コンパクトなので外出にも持って出られることです。デメリットとしては、器具によっては風味が変わる場合もあること、マグネシウムの過剰摂取に気を付ける必要があること、マグネシウムの影響で人によっては、下痢するおそれがあることなどです。

水素水スティック-e1438308769269
41N+X+DZxML__SY355_


3.ウォーターサーバー型

水素水を生成するウォーターサーバーも、携帯できる小型のものから卓上サイズまで、いろいろなタイプや大きさのものが販売されています。ウォーターサーバーは高額なため、最初のイニシャルコストの負担が大きくなるのがデメリットです。

その一方、短時間で生成できてランニングコストも安いため、家族みんなで水素水を飲みたい人や、たっぷり飲みたい人、長く飲み続けたい人には魅力的なのではないでしょうか?

s-l1600
ウォーターサーバー









































toranzamu0777 at 13:34|PermalinkComments(0)