水素

2016年12月02日

水素水と美容の効果

人間の細胞は酸化によって衰えます。

何回もお伝えしていますが酸化の原因は体内に活性酸素が増えすぎることで、
シワやシミなどの肌トラブルにもなり、美容面にも悪影響が出ます。

体内の酸化を防ぎ、肌トラブルを改善する効果が期待できるとして、水素水が注目されています。

体内の酸化は健康にも悪影響を及ぼすだけでなく美容の部分でもさまざまな影響が出ます。

身体の酸化の原因となる活性酸素を取り除く効果があると言われるのが水素水。

いったいどのように働いてくれるのでしょうか?


シミやシワの原因になる活性酸素

鉄が空気に触れて錆びていくように、人間の身体も「錆び」が生じます。

私たちが体内に取り入れている酸素は1日に500L以上で、そのうち約2%が、強い酸化作用を持つ「活性酸素」に変わると言われています。

活性酸素は体内に侵入したウイルスを殺菌する働きがあるのですが、この活性酸素が体内で増えすぎると、正常な細胞や遺伝子まで攻撃してしまうのです。

細胞の攻撃は肌トラブルや老化の大きな原因となり、この老化現象は“身体のサビ”と呼ばれています。

私たちの身体には、活性酸素の過剰な発生を抑える「抗酸化力」がもともと備わっています。
しかし、この抗酸化力は加齢によって弱まっていき、さらに日常生活のさまざまな要因が、活性酸素を過剰に発生させてしまい、結果、体内の活性酸素が増えてしまうのです。

活性酸素を過剰に発生させる要因として次のようなものがあります。


・タバコ

・ストレス

・慢性的な睡眠不足

・偏った食生活や過剰な飲酒

・紫外線

・大気汚染など


まずは、このようなダメージを減らす生活が良いと思います。(当たり前ですが、、、)

活性酸素の過剰発生を防ぐには、抗酸化作用がある物質を体内に取り入れることです。
抗酸化作用がある食材にはレンコン、トマト、ニンジンなどがあります。
しかし、食材だけで十分な効果を得るには、大量の野菜を摂取する必要があります。


そこで、より効果的に抗酸化作用があるものが水素です。

抗酸化作用を持つ水素が医学的にも臨床経験を経て安全性が認められています。
水素は水素水で手軽に摂取できます。では、具体的にどのような効果があるのでしょうか?

活性酸素の過剰発生は、血流を悪くし、毛穴を詰まらせ、老廃物を体内に蓄積させる原因にもなります。
水素によって血流が改善されることで、体内環境が正常になり、皮膚も活性化。皮膚細胞に水分や酸素、栄養分が隅々まで行き渡ることで、肌にハリとツヤが出てきます。

現時点では、美容と水素の関係性が科学的にきちんと証明されているわけではありません。
しかし、体感的には大きな効果が得られているのも事実です。現在、科学的に肌と水素の関係について研究が進められているそうです。












toranzamu0777 at 14:23|PermalinkComments(0)

2016年11月30日

水素水が糖尿病に効果があるか?

日本では糖尿病が強く疑われる人口は950万人、糖尿病の可能性を否定できない糖尿病予備軍は1,100万人にも上ると言われています。

水素水を摂取することで糖尿病の人にどんな効果があるのでしょうか?

そもそも糖尿病とは、ホルモンの一種であるインスリンの分泌量が低下することで発症します。

インスリンは血液中の糖(血糖)を体脂肪としてとり込み、血糖値を下げる働きをしますが、インスリンの分泌量が不十分だと、血糖値の調整が行われず、血糖値が高いままの状態となってしまいます。

このインスリンは、すい臓のβ細胞で生成され、血液中に分泌されます。

このすい臓のβ細胞は酸化ストレス(活性酸素)に非常に弱いため、活性酸素の増加はすい臓のβ細胞の機能低下を引き起こし、インスリンの分泌量低下を招いてしまいます。

水素は活性酸素の除去作用が高いため、活性酸素を除去することで、すい臓のβ細胞の機能低下の予防・改善が期待できると考えられています。

従来の糖尿病の治療は、血糖値のコントロールが重要視されており、薬によってすい臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促すことや、インスリンを注射などによって補う治療が主流でした。

すい臓のβ細胞は活性酸素に非常に弱いため、すい臓のβ細胞の負担を減らす方法の一つとして、水素による活性酸素の除去が注目されるようになってきているそうです。

すい臓のβ細胞に限らず、私たちの細胞は、細胞膜(細胞と外界との境界面)が最も外側にあり、その内部にミトコンドリア(細胞が活動するエネルギー源を産生)やリボソーム(遺伝情報をもとにタンパク質合成)、細胞核(内部に遺伝情報を司るDNAが含まれる)などが存在します。


細胞膜は主に脂質でできていますが、この細胞膜の脂質が酸化すると、過酸化脂質となり、細胞機能に障害が発生します。細胞膜に過酸化脂質が生じると、それが細胞内のミトコンドリアなどにも障害をもたらすと言われています。


水素は、細胞に対して上記のような悪影響を及ぼす活性酸素に対して反応し、活性酸素を無害な水に変える作用を持っているため、近年、すい臓のβ細胞の機能不全を予防・改善する手段のひとつとして注目されるようになりました。

あくまで糖尿病の予防・改善の基本は食事療法です。

水素によって活性酸素を除去しても、血糖値を上げる食事やアルコールなどによってすい臓に負担をかけていては意味がありません。

しかし、活性酸素がすい臓のβ細胞の機能不全の一因であることは間違いないので、あくまで補助手段として試してみるのはいかがでしょうか。


ただし、現在糖尿病の治療やインスリン注射をしている方は逆に低血糖になる可能性もありますので、
かかりつけの病院に相談してから試してみてください。








toranzamu0777 at 14:47|PermalinkComments(0)