効果

2016年11月30日

水素水が糖尿病に効果があるか?

日本では糖尿病が強く疑われる人口は950万人、糖尿病の可能性を否定できない糖尿病予備軍は1,100万人にも上ると言われています。

水素水を摂取することで糖尿病の人にどんな効果があるのでしょうか?

そもそも糖尿病とは、ホルモンの一種であるインスリンの分泌量が低下することで発症します。

インスリンは血液中の糖(血糖)を体脂肪としてとり込み、血糖値を下げる働きをしますが、インスリンの分泌量が不十分だと、血糖値の調整が行われず、血糖値が高いままの状態となってしまいます。

このインスリンは、すい臓のβ細胞で生成され、血液中に分泌されます。

このすい臓のβ細胞は酸化ストレス(活性酸素)に非常に弱いため、活性酸素の増加はすい臓のβ細胞の機能低下を引き起こし、インスリンの分泌量低下を招いてしまいます。

水素は活性酸素の除去作用が高いため、活性酸素を除去することで、すい臓のβ細胞の機能低下の予防・改善が期待できると考えられています。

従来の糖尿病の治療は、血糖値のコントロールが重要視されており、薬によってすい臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促すことや、インスリンを注射などによって補う治療が主流でした。

すい臓のβ細胞は活性酸素に非常に弱いため、すい臓のβ細胞の負担を減らす方法の一つとして、水素による活性酸素の除去が注目されるようになってきているそうです。

すい臓のβ細胞に限らず、私たちの細胞は、細胞膜(細胞と外界との境界面)が最も外側にあり、その内部にミトコンドリア(細胞が活動するエネルギー源を産生)やリボソーム(遺伝情報をもとにタンパク質合成)、細胞核(内部に遺伝情報を司るDNAが含まれる)などが存在します。


細胞膜は主に脂質でできていますが、この細胞膜の脂質が酸化すると、過酸化脂質となり、細胞機能に障害が発生します。細胞膜に過酸化脂質が生じると、それが細胞内のミトコンドリアなどにも障害をもたらすと言われています。


水素は、細胞に対して上記のような悪影響を及ぼす活性酸素に対して反応し、活性酸素を無害な水に変える作用を持っているため、近年、すい臓のβ細胞の機能不全を予防・改善する手段のひとつとして注目されるようになりました。

あくまで糖尿病の予防・改善の基本は食事療法です。

水素によって活性酸素を除去しても、血糖値を上げる食事やアルコールなどによってすい臓に負担をかけていては意味がありません。

しかし、活性酸素がすい臓のβ細胞の機能不全の一因であることは間違いないので、あくまで補助手段として試してみるのはいかがでしょうか。


ただし、現在糖尿病の治療やインスリン注射をしている方は逆に低血糖になる可能性もありますので、
かかりつけの病院に相談してから試してみてください。








toranzamu0777 at 14:47|PermalinkComments(0)

2016年11月28日

水素水とペット

水素水はペット用の水素水も市販されているようですが
ペットに水素水を与えると効果があるのでしょうか?

ペット用の水素水も人間用の水素水と同じく、普通の飲料水と味や香りにほとんど違いはありません。

ペットが水素水を飲みたがる場合は飲みたいだけ飲ませてあげて大丈夫です。

ペットの体調を観察しながら普通の飲料水と置き換えていくのが良いでしょう。

しかし中には、いつもの飲み水と違うということでなかなか飲んでくれないケースもあるそうです。

その場合はミルクを数滴落として呼び水にしたり、運動後やドライフード摂取後など、水分を必要としている場合に与えてみてはいかがでしょうか。

健康にも美容にも効果的な水素水ですから、「大切な家族であるペットにも飲ませてあげたい!」と考えるのは、飼い主であれば当然のことででしょう。


しかしながら、人間にとってどれほど体に良い食べ物であったとしても、それが必ずしもペットに有効だとは限りません。

それでは水素水の場合はどうなのでしょうか?


結論からいえば、現時点ではまだ研究例や治療例が少なく、データとして科学的に効果がはっきり証明されたとは言えないのが現状です。

とはいえ、哺乳類であれば病気や老化の仕組みは人間と同じで、活性酸素によるものだと考えられています。

少ないサンプルながら、水素水によって活性酸素が除去されたという報告もされており、実際にアレルギーの改善なども見られていますので、「高い確率でペットにも効果が期待できる」という考え方が主流となっているようです。


犬や猫は、人間以上に腎臓病の発症率が高く、おまけにそのまま死に繋がることも多々あります。飲み水として日常的に水素水を与えることで、病気予防の効果は充分に期待できるといえるでしょう。
少なくとも、水素水そのものがペットにとって毒だということは無いと思います。

注意点といたしましては、市販されている一般的な水素水には、ミネラルが豊富に含まれています。ミネラルは人間の体内では作り出すことができない成分ですので、人間が飲む分には非常にありがたいのですが、いざペットに与えるとなると注意が必要です。

なぜなら、人間にとっては適量だったとしても、体が小さいペットにとっては過剰摂取になってしまうためです。
ミネラルを摂りすぎると、嘔吐や下痢、内臓障害などの副作用が考えられます。また、腎臓に問題がある場合にはミネラルを適切に分解できなくなることもあります。

水素水を与えることで体調を崩すようであれば、水素水を一日おきにしてみるなどの対処を考えてみましょう。また、ペット専用の水素水を販売しているメーカーもありますので、気になる人はそちらもチェックしてみましょう。


また、「水を毎日取り替えるなんて、当たり前のことだ!」と思う人もいるでしょう。

しかし水素水の場合はどうしてもコストが高いため、飲み残しがあるとついついもったいなく感じてしまいがちです。
一日ぐらいならいいだろうと油断した結果、かえってペットが体調を崩してしまうというケースもあるようです。


そもそも、水素水は空気にふれると水素が逃げていくものです。一日経ってしまえば水素はもう残っていませんから、ただの古い水に過ぎません。


たとえ大量に飲み残されていたとしても、きちんと毎日新鮮な水に替えてあげましょう。












toranzamu0777 at 10:07|PermalinkComments(0)

2016年11月24日

水素水と癌との関係

水素水は健康面でもさまざまな効果が期待されているのですが、なかでも見落とせないのは、癌との関係でしょう。

日本では、毎年30万人以上が癌で亡くなっています。新たに癌と診断される人の数も、年間で約100万人に上ります。現在のところ完全な予防法はありませんから、癌はすべての人にとって身近な病気だといえます。

水素水は、そんな癌の予防や進行の抑制をする効果があるのでしょうか?

実は、効果が期待できそうなんです。

最新の医療では、ほとんどの病気や老化の原因物質は活性酸素だとされています。

金属は酸化することで錆びますが、それは人間の細胞でも同じこと。

体内に活性酸素があると細胞を錆びつかせてしまうため、老化が進行したり病原菌への抵抗力が衰えたりするわけです。

癌の発生や進行にも、活性酸素は大きく関与しています。

癌細胞が生まれるのは、正常な細胞の遺伝子が変異するためです。活性酸素には細胞膜を破壊する作用があるので、体内に活性酸素があるとDNAと直接触れやすくなります。これだけ強力な破壊力を持っている活性酸素ですから、接触したらDNAだって無傷ではいられません。

現在は、活性酸素との接触が遺伝子変異の引き金なのではないかという説が有力らしいです。

では、どうして水素水には癌の抑制効果が期待できそうなんでしょうか? 

それは、水素に抗酸化作用があるためです。

水素と酸素が結びつきやすい性質をもっているということは、おそらく中学校の理科の授業で習ったのではないかと思います。

体内に充分な水素があれば、この抗酸化作用によって活性酸素を排除してくれるというわけです。

抗酸化作用をもつ物質は、水素以外にもポリフェノールビタミンCなど豊富にあります。

「ワインが癌予防に良い」という話は有名ですよね。しかし他の抗酸化物質は、活性酸素だけでなく良性の酸素まで除去してしまう危険性があります。それに対して水素は、良質な酸素は奪わず、正常な細胞を傷つけないことがわかっています。


水素水が癌の予防や進行抑制に効果的だと言われるのは、こうした理由かららしいです。













toranzamu0777 at 09:56|PermalinkComments(0)

2016年11月22日

水素水は二日酔いにも効く?

これから忘年会シーズン到来!

連日の飲み会で二日酔いに襲われることもシバシバ。

あなたは二日酔い対策は大丈夫ですか?

水素水は二日酔い効くのでしょうか?


◎二日酔いのメカニズム

簡潔に説明すると、二日酔いはアルコールの分解が不十分なときに起こる症状です。実はアルコールそのものは毒物ではないのですが、アルコールの分解時にはアセトアルデヒドという物質が生成されます。このアセトアルデヒドこそが、吐き気や倦怠感といった二日酔い特有の症状の原因です。

飲酒量が適量であれば、アセトアルデヒドも十分に分解することができるので、翌日までお酒は残りません。しかし日本人の場合、44%の人がアルコールを分解しづらい体質だという統計があります。二日酔いになりやすいのは当然といえます。

では水素水は二日酔いに効果があるのでしょうか?

実は意外なところでは二日酔いにも有効です。

◎水素水が二日酔いに効く理由


昔から「酒は百薬の長」と言われますが、それはあくまでも適量の場合。

日本人をはじめとした黄色人種はもともと、遺伝的にアルコールの分解酵素が少ないことで知られています。

ハメを外してつい飲みすぎてしまうと、翌日にはつらいつらい二日酔いが待ち受けているでしょう。

そこで、お酒好きの人には二日酔い対策が必須となります。

二日酔いを解消するためには、「水をたくさん飲め」とよく言いますよね。

この理由は非常にシンプルで、アセトアルデヒドを速やかに体から追い出すためです。

二日酔いになると喉が渇いていることも多いかと思いますが、それだけ体から水分が失われているということ。水分をたくさん摂って尿と一緒に毒物を出してしまうのが目的です。


ですから、普通の水道水でも効果はあります。

ただ、二日酔いの状態だと、体は水分を吸収しづらくなっており、二日酔い解消には少々時間がかかります。

そこで、分子が細かく吸収されやすい水素水がより有効だというわけです。


また、医学的根拠はまだ立証されていないものの、二日酔いと活性酸素に密接な関係があるという説を主張している研究者も数多くいます。

水素には抗酸化作用があるため、活性酸素を撃退することで二日酔い解消に繋がるという可能性も高そうです。


これまでにも、多くの食材やサプリが二日酔いに効くといわれ宣伝されてきました。しかし、それらは果たして本当に効いたでしょうか? 


もし、自分にぴったりの二日酔い対策をまだ見つけられていないのであれば、ぜひ水素水も一度試してみましょう。




















toranzamu0777 at 18:53|PermalinkComments(0)

2016年11月21日

水素水はアレルギー軽減にも効果的か?

近年、健康面についてさまざまな症状の改善が確認されています。

なかでも特に大きな注目が集まっているのが、アレルギーを軽減する効果です。


努力や意志だけでは予防も治療もできないのが、アレルギーのつらいところだと思います。

自分自身がアレルギーだという人はもちろんのこと、お子さんがアレルギーに悩まされているのを見るのも、親としては無力さを感じて苦しいはずです。

さて、水素水によるアレルギー対策には、どのような効果があるのでしょうか。

◎アレルギーのメカニズム

そもそもアレルギーがどうして起こるのかというと、原因物質(アレルゲン)が体内に入り込むことで免疫機能を刺激するからです。

人間の体はよくできていて、体内に異物が入ったり怪我をしたりすると、速やかに平穏な状態を取り戻そうとします。たとえば、目にゴミが入れば涙を流してゴミを追い出そうとしますし、肌が紫外線に当たると皮膚を守るために日焼けします。どちらも体を保護するために必要不可欠な機能です。


アレルギーも本来はそうした現象の一種なのですが、問題はアレルゲンに対して過剰に反応しすぎてしまうということ。

アレルゲンを体の外へ追い出すためにはヒスタミンという物質が活躍してくれるのですが、このヒスタミンにはかゆみや乾燥を引き起こす副作用があります。そのため、私たちのよく知るアレルギー症状が現れるというわけです。

◎水素水がアレルギー軽減に効く理由

水素水のもつ力といえば、「抗酸化作用」が有名です。水素には酸素と結びつきやすい性質があるので、老化や病気の原因とされる活性酸素を体内から取り除くことが可能です。美容や健康に良いと言われるのはこのためです。


実はこの抗酸化作用が、アレルギーにも有効なのです。

体に炎症やかゆみが起こると、その部位に多くの活性酸素が発生することが確認されています。活性酸素は炎症やかゆみをさらに悪化させてしまうため、アレルギー症状の連鎖が止まらなくなってしまいます。そこで、水素水の抗酸化作用によって症状の広がりを抑えようという作戦です。

水素水がアレルギーの原因そのものを解決してくれるわけではありませんが、症状の軽減には一定の効果が見込めると考えられているそうです。






















toranzamu0777 at 16:02|PermalinkComments(0)