スポーツ

2016年12月16日

水素水とスポーツとの関係

私は以前、ヘルニアのリハビリのためスポーツクラブに通っていました。

そこのスポーツクラブには有料ではありましたが水素水サーバーが置かれていました。


スポーツクラブに通い、適度な運動を行うことはバランス良く筋肉をつけて代謝を上げたり、筋肉をほぐすことによって身体のめぐりを促進したりするなど人体に良い影響を与えます。


その一方、運動時には多くの酸素を体内に取り入れることから、体内で大量の活性酸素が発生…。美容と健康に良いとされるスポーツでさえ、度が過ぎると逆効果になることがあるのです。


そういった状況の中、最近、スポーツ時の水分補給に水素水を用いる…という対処法が知られるようになってきています。


激しいスポーツによって生じた活性酸素を水素水ですぐに還元すれば、活性酸素の悪影響を無効化できるのです。


オススメの飲み方は、激しい運動を終えたクールダウンの時に水素水を飲む方法。このタイミングで水素水を摂取すると、運動によって急増した活性酸素を効果的に除去できるようです。


是非、スポーツクラブでの運動に水素水を飲んでみては如何でしょうか?


水素には乳酸を代謝して疲労回復させる効果もあるので、ウエイトトレーニングなどの無酸素運動をした時のダメージケアにも役立ちますよ!


◎容器はアルミパウチが最善!?スポーツクラブに持っていきたい水素水の比較

適度な運動は美容・健康を維持するために欠かせません。

ただ、あまりに負荷の高い運動をすると活性酸素の発生量が増加する…という裏の側面があることはご存知でしょうか?

もちろん、運動による心肺機能強化、筋力維持は美容と健康に必須の条件なので運動はするべきです。
しかし、度を超えた負荷がかかった場合は活性酸素による酸化ストレスが増える可能性がある…。これは“食事を摂ることは生きていく上で不可欠だが、食べ過ぎは健康を害する”という事実に似ていますね。何ごとも適切な範囲内で行わないと逆効果になることがあるのです。


さて、美容・健康のためにスポーツクラブに通っていて、ちょっと激しく動きすぎたかな…という時に活躍するのが水素水。還元力により、活性酸素による酸化ストレスを緩和してくれるからです。これさえ持っていれば、少しくらいの運動負荷を恐れる必要もなくなるでしょう。

ただ、スポーツクラブに持参して飲むのなら、飲むまでの間に水素が抜けてしまわないか…という問題が出てきます。水素は非常に抜けやすく、未開封の状態でも徐々に抜けてしまうからです。

水素分子(H2)は水素原子2つが対になったもの。そして、水素原子は原子核が陽子1つ、電子殻を回る電子も1つ…という極めて単純な構造です。これは全宇宙でもっとも小さな原子構造!あまりに小さいので、分子レベルの隙間をあっさりと通り抜けてしまいます。そのため、水素が抜けるのを完全に防止できる容器は存在しないのが現状。

とはいえ、内側に空気を入れないパウチ構造の容器を用いるなど、各メーカーは少しでも水素を長持ちさせるための工夫を凝らしています。材質的にアルミは水素を逃がしにくいので、アルミパウチの製品はおすすめ。スポーツクラブに持っていく程度の時間経過で水素が抜ける…という心配はまずないでしょう。逆にペットボトル、スチール缶などは水素を逃がしやすいので要注意。水素水を選ぶ時は、水素濃度だけでなく容器の材質・形状まで比較するべきなのです。












toranzamu0777 at 11:50|PermalinkComments(0)