アレルギー

2016年11月21日

水素水はアレルギー軽減にも効果的か?

近年、健康面についてさまざまな症状の改善が確認されています。

なかでも特に大きな注目が集まっているのが、アレルギーを軽減する効果です。


努力や意志だけでは予防も治療もできないのが、アレルギーのつらいところだと思います。

自分自身がアレルギーだという人はもちろんのこと、お子さんがアレルギーに悩まされているのを見るのも、親としては無力さを感じて苦しいはずです。

さて、水素水によるアレルギー対策には、どのような効果があるのでしょうか。

◎アレルギーのメカニズム

そもそもアレルギーがどうして起こるのかというと、原因物質(アレルゲン)が体内に入り込むことで免疫機能を刺激するからです。

人間の体はよくできていて、体内に異物が入ったり怪我をしたりすると、速やかに平穏な状態を取り戻そうとします。たとえば、目にゴミが入れば涙を流してゴミを追い出そうとしますし、肌が紫外線に当たると皮膚を守るために日焼けします。どちらも体を保護するために必要不可欠な機能です。


アレルギーも本来はそうした現象の一種なのですが、問題はアレルゲンに対して過剰に反応しすぎてしまうということ。

アレルゲンを体の外へ追い出すためにはヒスタミンという物質が活躍してくれるのですが、このヒスタミンにはかゆみや乾燥を引き起こす副作用があります。そのため、私たちのよく知るアレルギー症状が現れるというわけです。

◎水素水がアレルギー軽減に効く理由

水素水のもつ力といえば、「抗酸化作用」が有名です。水素には酸素と結びつきやすい性質があるので、老化や病気の原因とされる活性酸素を体内から取り除くことが可能です。美容や健康に良いと言われるのはこのためです。


実はこの抗酸化作用が、アレルギーにも有効なのです。

体に炎症やかゆみが起こると、その部位に多くの活性酸素が発生することが確認されています。活性酸素は炎症やかゆみをさらに悪化させてしまうため、アレルギー症状の連鎖が止まらなくなってしまいます。そこで、水素水の抗酸化作用によって症状の広がりを抑えようという作戦です。

水素水がアレルギーの原因そのものを解決してくれるわけではありませんが、症状の軽減には一定の効果が見込めると考えられているそうです。






















toranzamu0777 at 16:02|PermalinkComments(0)

2016年11月18日

水素水ってアトピー(アレルギー)にも効くの?

水素水ってアトピー(アレルギー)に効くのでしょうか?

水素水というと、「健康・美容食品の一種だ」というイメージがあるのですが、
しかし水素水に注目しているのは、アンチエイジング(加齢に伴う症状の予防と治癒。老化防止。抗加齢。抗老化)に関心のある人ばかりではありません。

水素水がアンチエイジングに効くといわれているのは、抗酸化作用があるためです。

水素は酸素と結びつきやい性質をもっているので、老化の原因物質である活性酸素を取り除くことができるわけです。


そんな活性酸素ですが、実はアトピーの症状を悪化させる作用もあることで知られています。

ですから、水素水を摂ることはアトピーの症状を緩和させることにも繋がるのです。

◎そもそもアトピーの原因とメカニズム

アトピーはアレルギーの一種です。人間の体にはもともと免疫機能があり、ウイルスや花粉やホコリといった異物から体を保護するようにできているのですが、その保護機能が必要以上に働いてしまうと、かゆみや乾燥肌といったアトピーの症状が出てしまいます。

つまり、アトピーは刺激に対して敏感すぎる体質なのだと言えます。

肌が乾燥したり、かゆみに耐えきれずかいてしまったりすると、皮膚の表面はボロボロになってしまいます。

すると、肌細胞が本来持っているはずのバリア機能が弱まります。そのためなおさら外部からの刺激に敏感になり、ますます症状が進行するという悪循環に陥るというメカニズムです。

◎水素水がアトピーに効く理由


アトピーによってかゆみや炎症が出るとき、その部位には活性酸素が多く発生することがわかっています。

活性酸素は本来、適量であれば悪い細胞を退治する重要な役割を持っているのですが、多すぎると健康な細胞まで攻撃してしまいます。これは、アトピーの症状が連鎖しやすい原因のひとつでもあります。


そこで、抗酸化作用をもつ水素水の出番です。水素の力で活性酸素を除去することができれば、それだけ症状が広がるのを防ぐことができるというわけです。


水素水だけではアトピーの原因そのものを取り除くことはできませんが、症状の悪化を未然に防ぐことは充分に可能です。アトピー特有のつらさを多少なりとも緩和したいなら、一度試してみる価値はあるでしょう。


















toranzamu0777 at 16:21|PermalinkComments(0)

2016年11月17日

水素水って赤ちゃんに与えても大丈夫???

水素水って赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのでしょうか?

身体に影響はないのでしょうか?


健康に良いものであれば、大事な赤ちゃんにも与えたいと考えるのは当然のこと。

一方で、赤ちゃんはまだ体ができあがっておらず、内臓の機能も不十分です。

大人にとって良いものが逆に毒となってしまう可能性もあるので、慎重になる必要があります。

では、水素水はどうなのでしょうか?

結論からいえば、水素水そのものは赤ちゃんにあげても問題ありませんし、充分な効果も期待できます。

早いうちから日常的に与えるようにしておけば、アレルギーを未然に予防することも可能でしょう。

感染病のリスクも減らすことができるはずです。

強く健康な子供として育てるには最適だといえます。


ただし、注意点がひとつ。市販されている水素水には、ミネラルが含まれているものが目立ちます。

大人であればこれはありがたいことなのですが、赤ちゃんの場合は別です。

体が小さい赤ちゃんは、少しのミネラルでも過剰摂取になりがちです。ミネラルを過剰摂取してしまうと、内臓に悪影響が出る可能性があります。


赤ちゃんに与える水素水は、なるべくミネラルの少ないものを選びましょう。

赤ちゃんのミルクを作るときに水素水を利用する人も増えています。

赤ちゃんが飲んでも好影響がたくさんある水素水ですから、もちろんミルクに利用したって問題はありません。
そのかわり、利用する水素水選びには慎重さが必要です。

まずは、そのまま飲んでもOKな水素水でなければ問題外でしょう。

ミネラル含有量の多い水素水は絶対に避けてください。

そして、温めることがNGな水素水も除外です。

温めても大丈夫だという点を売りにしているものを選びましょう。


さらに、ミルクに使う場合には特にph値にも気をつけたいところ。ph値が高い水は、大人が飲んでもやや苦みを感じます。まだ舌がナイーブで敏感な赤ちゃんであれば、大人以上にとても苦く感じてしまうはずです。


母乳のph値は一般的に6.6〜7.6程度だといわれていますので、この数値に近いph値のものが望ましいでしょう。特に、8.0以上のものは避けたほうが無難です。赤ちゃんの胃液がph6.0〜8.0程度なので、その範囲を超えてしまうと赤ちゃんの胃への負担も大きくなってしまうからです。











健康と医療 ブログランキングへ

toranzamu0777 at 14:32|PermalinkComments(0)