2016年11月08日

高濃度に水素を含ませた水

水素水は、医学的には水素豊富水とも言われます。水の中にどれだけ豊富に水素を溶かすことができるかは、温度と圧力によって変わります。高い圧力をかければかけるほど、水素はたくさん水に溶けますので、非常に高濃度の水素水をつくることは可能だそうです。

しかし、高圧をかけて作った高濃度水素水も、時間の経過とともに通常の濃度に戻っていきます。

また、容器のフタを開けた後は、1.57ppm以上の水素は空気中に逃げてしまいます。

そのため、通常の圧力での上限値である、1.57ppmの水素濃度があれば充分だと言われています。

 

水素水スティックや水素水サーバーを使えば、1.57ppm以上の濃度の水素水も作ることができます。

しかし、これらの高濃度の水素水でも、時間の経過とともに水素が抜けていき、1.57ppmに下がります。

こういった理由から、家庭で飲む水素水なら、1.0ppm程度の水素濃度があれば、十分だとする説もあります。

 











健康と医療 ブログランキングへ



toranzamu0777 at 16:10|PermalinkComments(0)健康 | 水素水

そもそも水素水とは???(その2)

健康や美容を気になっている人のあいだでは、水素水への関心が高まっています。

雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられて、注目を集める一方で、

ネットなどでは水素水への否定的な意見も見られます。

水素水の効能は?科学的根拠はあるの?副作用は?
気になる水素水についてまとめました。

水素水には、健康効果やダイエット効果があると言われ、テレビや雑誌などのメディアにも盛んに取り上げられている一方、ネットなどでは「水素水には効果がない」という意見も目にします。

 

実際のところ、水素水には言われているような効果はあるのでしょうか?


水素は飲んでも安全で、副作用などの心配はないのでしょうか?


水素水の効果や、水素水にまつわる噂、水素水を飲む時の注意点などについて見ていきたいと思います。

水素水とは????

前回も述べましたが水素水とはそもそもなんなのでしょう。

 

水素水というのは、水素原子(H)と水素原子(H)が結合した水素分子(H2)が、一定以上含まれている水(H2O)のことです。

 

 

水素は、還元力に優れているビタミンCやビタミンEなどよりも、活性酸素を還元する力が強く、活性酸素と直接結びついて反応し、無害な水に変えてしまいます。

 

水素水に、どれだけ水素が含まれているかを示す単位にはppmが使われることが多く、
ほとんどの水素水製品は、このppmを使って水素含有率を表示しています。


水素には空気中に逃げやすいという性質があり、水素水製品の中には、水素がほとんど含まれていないものや、濃度を表示していないものもあるようです。

今日はここまで。。。

この続きは次回説明します。。。。それでは。。。。















健康と医療 ブログランキングへ



toranzamu0777 at 15:56|PermalinkComments(0)健康 | 水素水

水素水について・・・

私は最近水素水に興味をいだいています。

今年春頃から話題となった水素水。

そもそも水素水とは???

水素分子を高濃度に溶かした水のこと。

還元水素水ともいいます。

体内の有害な活性酸素を除去する働きなどが期待されるといわれているらしいです。

なんか難しくてピンとこない???

でも体には良さそうニコニコ


これをテーマにいろいろ調べ私なりに検証し見解を述べられれば良いと思っています。















健康と医療 ブログランキングへ
健康食品・サプリメント ブログランキングへ




toranzamu0777 at 15:55|PermalinkComments(0)健康 | 水素水